脂肪吸引手術の痛みが続き、失敗かと思いました

半年ほどでようやく効果を実感

脂肪吸引を受けたけど痛みが強くなってきた半年ほどでようやく効果を実感相談できる雰囲気のクリニックを選ぶのが大切

私の場合、特に不便に感じたのはトイレの時でした。
下半身の脂肪吸引を受けたので、トイレに移動するのも用を足すのも用を足した後も全ての動作が憂鬱でした。
痛みが徐々に和らぎ、それほど気にならなくなったのは、手術から10日ほど経過してからでした。
その時は、違和感は多少感じていましたが、動くのが億劫に感じるということはなくなっていましたし、トイレもこれまでと同じようにすることが出来るようになっていました。
手術部位が細くなったように感じたかというと、負担は圧迫するために専用のサポーターを着用していたので、分かりませんでしたが、お風呂に入る時にサポーターを外してみても細さを実感することが出来るまでには至りませんでした。
痛みを感じなくなってきてから、手術部位のマッサージを行っていました。
マッサージは、あまり力を入れないように、下から上にむかって、むくみを解消するように意識しながら行いました。
これまでのマッサージでは、専用の道具を使用していましたが、手術後のマッサージでは負担が大きいような気がしたので、道具は使わずに手で行っていました。
手術部位の細さを実感することが出来るようになったのは、手術を受けてから半年ほど経過した時からでした。
それまではむくみや腫れなどが気になっていましたが、徐々に落ち着き始め、半年ほどでようやく以前よりも細くなったと感じることが出来るようになりました。
傷跡についても、よく見れば分かる程度で、普段は気が付かれないと思います。

脂肪吸引、痛み、期間 : 目の下のたるみを改善!